恋のなやみに効くメディア

オタサー姫のあるある5つ!脱してもモテを獲得するには?

桃倉もも

桃倉ももM.Momokura

目次

隠す

1:オタサーの姫とは?

「オタサーの姫」とは、オタク系やインドア系のサークル内で「姫」的存在の女性。男性メンバーが多いサークルでは、ルックスはどうであれ、「女性」というだけでチヤホヤされます。

オタサーの姫は、服装などは地味、もしくはロリータファッションなどを好み、垢抜けていない女性が多く、陽キャサークルなどでは、まず光を浴びないタイプです。

しかし、恋愛経験が疎いオタク男子にとっては、イケイケ女子よりも、垢抜けていない地味な女の子のほうが近寄りやすくモテモテ。サークル内では、姫を巡っての恋愛トラブルなども絶えません。

今回は、そんな彼女たちの特徴や、「普通にモテたい」と望むオタサーの姫が、オタク以外にモテる方法をご紹介します。

2:オタサー姫あるある5つ

ここではオタサーの姫の特徴をご紹介します。

(1)フリルのついた服

オタサーの姫はフリルのついた洋服を好みます。「LIZLISA」「axes femme」は姫に人気の2大ブランド。しかし、オタク男子のウケを狙ったコーディネートなため、アイテムそのものはかわいいけれど、組み合わせ方がイマイチ。おしゃれな女性から見ると「なぜそんなにダサく着こなせるのか」という状況に陥りがち。

また、バストなどを強調する服や、ニーハイなどもよく履いています。

(2)同性からは嫌われる

ブリブリなファッションとともに、常に男ウケだけを狙った言動をするため、女性からは「あざとい」「男好き」など思われ、同性ウケは最悪です。

「顔はそこそこなのに、男子にチヤホヤされているのが気に食わない」といった嫉妬心も相まって、相手に直接何をしたわけでもないのに、いつの間にか周りの女子から嫌われることも多いです。

(3)ぶりっこ

オタク男子はアニメキャラのような女の子を好みます。そんなオタク男子のウケを狙う姫も少なくありません。自身もアニメ好きだというオタサーの姫も多く、無意識のうちに、語尾に「でちゅ」「なのだ」とつけたり、ぶりっこになっている姫も多いです。

(4)八方美人

オタサーの姫は愛想がよく、誰にでもいい顔をする八方美人な一面も。そのために、「自分に好意があるのではないか」と勘違いしてしまうオタク男子も多く、サークル内では姫を巡る争いがおこりがちです。

(5)メイクが垢抜けない

姫の多くはトレンドに興味がなく、メイクもアニメキャラを参考にしています。そのため、違和感のあるカラコンを入れたり、目尻が長すぎるアイラインであったり、ノーズシャドウが濃いすぎたりなど、残念なメイクばかり。どちらかといえばコスプレメイクに近いです。

3:脱オタサー姫!「普通に」モテる女になる方法5つ

オタクにモテモテのオタサーの姫ですが、普通の人にモテるにはどうしたらいいのでしょうか?

(1)トレンドのファッション・メイクを研究する

まずは一般ウケを考えたファッションやメイクを研究することから始めましょう。女性ファッション誌やモデルのSNSなどで流行を知るのが第一歩です。それをマネしてみるだけで、いままでとは雰囲気がガラリと変わるはずです。

(2)同性の友達を作る

同性の友達を作ることも大事です。いままでオタク男子しか周りにいなかった人は特に、友達の紹介などを通じて「ごく普通の」人と出会う機会を増やしましょう。常にオタク男子といては、ほかの男性は近づきにくいです。たまには女の子同士でつるむのもモテる秘訣です。

(3)オタクと言われない趣味をもつ

オタクというだけで毛嫌いする男性も多いです。オタクをやめろとまでは言いませんが、一般ウケする趣味をもつこともおすすめします。「普通っぽい」趣味として人気なのは、ヨガや料理、最近ではキャンプやボルタリングなども好感度が高いです。

(4)「自分はモテる」という認識を改める

オタサーの姫はモテます。とは言え、普通の男性ではなくサークル内の男子にです。所詮は井の中の蛙。「自分はモテる」という認識を改めなくては、世間に出たときに、ただの痛い女になってしまいます。

サークル内でモテるのと世間一般の男性にモテるのはワケが違うことをまずは理解しておきましょう。

(5)大人の色気を身につける

オタサーの姫はセクシーと言うよりかわいい人が多いです。かわいいのも大事ですが、一般男性にモテるためには色気も身につけなければなりません。メイクやファッションなどの見た目はどうにかなりますが、大人の女性がもつ、落ちついた雰囲気なども意識してみましょう。

4:まとめ

オタサーの姫として生涯を閉じる、というのは難しいです。なぜなら、アイドル的存在だからです。アイドルの命は限定されますよね。一定期間ならオタサーの姫を満喫するのもよいですが、常に卒業を視野に入れておくことは大切なのかもしれませんよ。